AGA

最先端のAGA治療

 

若い年だでなる薄毛にもたくさんの原因があります。

 

そのうちの男性ホルモンのテストステロンがかかわっているようなものがAGAです。頭皮の血行障害だとか、ストレスや、食事の栄養の偏りなどによるものは、AGAではありません。

 

なにが原因かは自分である程度は予想しているでしょう。が、クリニックで診察を受けないことには確定しません。

 

で、本当にAGAということに成ったら、最初は内服薬の「フィナステリド(プロペシア)」あたりから始めることが多いようです。

 

毛母細胞の活動を低下させる物質をできなする作用があります。これはテストステロンが分解されてできるのです。

 

で、それでもダメならば色々と試すことになるでしょう。

 

養毛剤も使われます。成分は薬局で売っている養毛剤と種類はそうはかわりません。が、医師が処方する場合、より高い濃度のものが出せます。

 

で、さらにこれを効果的にするための医療技術もどんどん導入されています。

 

養毛剤などの外用薬の場合、どうしても問題になるのが浸透力です。いくら毛母細胞が受け取れば効果のある成分でも、お肌の表面で跳ね返されては意味がありません。

 

その医療技術のうちのひとつが「メソセラピー」です。これは体内に有効成分を送り届けるためのものを、ひとまとめにして呼んだものです。

 

最もわかりやすいのが注射でしょう。頭皮に直接、有効成分をブレンドした液を注入します。

 

といっても、一般的な注射器ではなく、ハリも極細のものを用います。痛みもほとんどないようです。

 

液の内容は当然、症状に応じて変えます。中には100種類以上をブレンドするクリニックもあるようです。

 

 

AGAとサプリメント

 

自分で薄毛の対策を考えると、多くの人はどうしても養毛剤の類に目がいってしまうでしょう。

 

外から薬剤を掛けて、毛根や毛乳頭に栄養分を送り込んでやったり、刺激を与えて細胞分裂を盛んにさせ、髪の毛を成長させる……というやり方です。

 

が、体の中から毛根などに変化を与えることも考えましょう。

 

AGA専門のクリニックなどに行くと、多くの場合、内服薬も処方されます。これは、髪の成長サイクルを狂わせる物質の生成を妨げるようなものが選ばれることが多いようです。

 

これに似たような成分が配合されているサプリメントもあります。

 

その成分というのは、「ノコギリヤシ」です。AGAにかかわっている「5α-リノクターゼ」という酵素の働きを抑えます。

 

また、頭皮も当然、皮膚の一部です。十分な栄養がないと、頭皮自体も衰えますし、髪も育つことができません。

 

足りない栄養素をサプリメントで補充してやる、という考え方も必要でしょう。各種のミネラル、ビタミンなどを積極的にとるようにしましょう。

 

たとえば、ミネラルで特に髪のために必要になるのが、亜鉛です。

 

ただし、これらサプリメントは医薬品ではありません。あくまで健康食品の一種です。劇的な変化を期待してはダメです。

 

長い間とり続けて、徐々に効果を発揮するようなものです。

 

ですから、サプリメントを選ぶときには、値段も大事です。それを考えておかないと、効果が出る前に資金切れになりかねません。

 

薄毛対策のためのサプリメントとして紹介されることが多いのは、「GUNGUN」、「フェルサ」、「BOSTON」などです。

 

 

最新WEBニュース!

エステでやっている永久脱毛の仕組みとして、毛穴にひとつひとつ差し込んだ脱毛用の針に直流の弱い電気を通す流電法、高周波を通す高周波法、最後にブレンド法と名付けられた電気脱毛の3つの技術があります。
顔脱毛サロン情報

 

最先端のヒプノセラピーのセッションを体験することで、特に意識することなく食事量自体をうまくコントロールして無理せず体を使うようにできれば、「キツイダイエット」 はまるきり不要になる。
脚セルライトエステならここがオススメ!

 

つい手をだしたくなる、フェイシャルフリートライアルがあることもありますが、突っぱねられない性質の方だとしたら一人で対応しない方が良いでしょう。溜めこまれた体脂肪に細胞の代謝の過程で生じた老廃物などが付着すると、赤ちゃんのように滑らかだった肌に目立ってでこぼこしているセルライトが作り出されることになりま
http://xn--ick8azby023a05pqzsynb.com/

 

更新履歴